シャンパン界のドン?…ドン・ペリニヨン

シャンパンの中でも最も有名と言っても過言ではないのが、モエ・エ・シャンドン社で作られる【ドン・ペリニヨン】でしょうか。

何と言っても“ドン”!とてつもなく影響力がありそうです。

ところが、実は【ドン・ペリニヨン】とは、シャンパンを発明したといわれる修道士の名前。

【Don】はもともと修道士の称号であり、ポルトガルやブラジルの貴人・高僧の名に冠した尊称.なのです。

ある時ペリニヨン修道士が発酵中のワインを瓶詰めして放置していたらシャンパンが出来上がったと言われその功績をたたえてシャンパンの名前に冠しています。

アメリカ英語ではドンをマフィアなど、犯罪組織のボスに対し使うことがりますが、これは、スペイン文化の影響を強く受けた南イタリアがルーツの様で、これが転じて日本語でも各界で影響力のある実力者を「球界のドン」「政界のドン」など、ボス然とした人のことを“ドン”と呼ぶことがあるんですね。

浜田省吾さんのヒット曲「Money」の中でも権力の象徴的にうたわれている【ドン・ペリニヨン】権力の象徴として飲みますか?ほっといたら出来ちゃった。

偶然に感謝して飲みますか?

ジェームズ・ボンドとシャンパン

007ファンにはお馴染みですが、このシリーズ映画にシャンパンは欠かせません。

ジェームズ・ボンドほどキザで男前で仕事のできるヤツに似合うお酒は他にないのでしょうか?。

まぁ、ちょっと考えてもブランディーやウイスキーよりシャンパンのほうが似合う気がしますし、スパイが酔っ払いすぎるのはNGだからかもしれませんね。

美味しいシャンパン

しかも登場するシャンパンはシャンパンファン垂涎のものばかり。

初期はドンペリ、後半はボランジェが定番です。

(なぜドンペリからボランジェになったかも気になるのですが…)クールでスマートなジェームスボンドですが、食卓にあったドンペリで敵に応戦しようとして「それは1955年ものだ!!」と言われ一瞬ひるんだ後「1953年のほうがいい」と返したりする様に、ちょっと素顔が見えたりします。

(Dr.Noより)個人的には冷蔵庫付きのアストンマーティンが羨ましいですね~。

もっとも、飲酒運転になりますので、お抱え運転手を持てる身分にならないと実現しませんが…。